セフレ探し

 タカノリ、28歳。
どこにでもいる、ありきたりな会社員をやっている男です。
男としてちょっと恥ずかしいけど、女の子とエッチができなくて不満を溜めまくってしまってて。
知人にセフレ探しに詳しい男がいて、手取り足取り教えてもらいました。
その結果、見事にセフレ探しに成功しました。
初体験となるセフレ募集ですが、師匠ともいえる知人に教えてもらったおかげで、苦労することなく順調に大人の挿入ができました。

 その知人は同い年。
できが良いため、友人と言うよりは先輩という雰囲気。
ただし、顔はそんなに良くありません。
モテ具合といえば、実は自分と同程度。
そんな彼、自分より進んでいる部分は、セフレ探しに長けていることでした。
「セフレは顔なんか関係ない。だから俺たちでもいっぱいエッチ出来る」
知人に言われ、すっかりその気に。
「とりあえず、俺が利用している出会い系に登録しろ」
これ、ファミレスでの話です。
セフレ探しの鉄則を知らずにJCの裏垢女子に2万円先渡ししてしまいました
その場で、出会い系に登録して、女の子たちを2人して見ていく。
数人の女の子たちをチョイスしては、メールを出す。
この作業を、知人とやりまくって行きました。

 翌日の朝、出会い系の中を見てみると、メールが届いていました。
一通のメールに、本気の狂喜乱舞。
知人に伝えると「下ネタ抜きでやりとりをしろ、とにかく仲良くなること」と、指示されました。

 セフレ探しは、知人のおかげでとても順調に進んでいきました。
メール交換を何回も往復出来るようにもなり、最終的にLINE交換にまでも。
「あと一歩だ、多少エッチ話に付き合ってくれるようになったら、押してみる」
知事の言葉に背中を押され、最後の攻略に向けての行動に出て行くことになりました。
その結果、メールを頻繁に出してくれたOLとの待ち合わせが決まったのです。

 アポを決めた3日後に、仕事の帰りラブホテルに入れました。
はっきりしたこといえば、感激しました。
涙腺が緩むぐらいの、感激でした。
股間の方は、滅茶苦茶スッキリさせられました。
タダマン
セフレ募集

わりきり

十年以上前のことだけど、わりきりの関係でうちに来てた派遣の子と付き合ってたんだよね~。
で、その後、俺も推薦したし、俺の上司の推薦もあって正社員に採用されたんだ。別の部署に配属されてたから、仕事上では付き合いはなかったんだけど・・・
わりきりの関係はその後もしばらく続いてた。
その派遣の子も、わりきりの関係で誰かに取り入って正社員に引き上げてもらう戦略だったのかも?って思うけどな~。
だって、その子、割と正社員になった後も順調に仕事して、資格なんかも取ってるらしいよ。
黒い噂はあるけどね。
つまり、上の人と特に親しくなって、取り入って、優遇してもらってるんじゃないか、みたいな?
まぁ、よくある話だよね。
足コキのプチ援
俺とのわりきりの関係があった時、確かに俺が上司に「あの派遣の子、一生懸命で仕事熱心だし、向上心もあるし」って推薦した。
上司も俺の推薦があったから、その子に注意向け始めたんだろうし。
ある意味、彼女の戦略ってすごく的確だったんだよね。
あの時、誰かに取り入ろうとするには、俺がもしかしたら最適だったかもしれない。
上司は奥さんLOVEでスキがない。その上司は何かというと俺に相談してくる。自分で判断しにくいところなんか俺の意見を参考にする傾向がある・・・
それを見越して、もしかしたら彼女は俺をターゲットにしたんじゃないか?
そこまで読んでたんじゃないか?
だとしたら、すごいな~って思うよね。
上司に取り入ってキャリア積んでるって陰口も、本当かもしれないけど、それ以上に彼女の能力って高いからこそなんじゃないかって気がしてる。
割り切り掲示板
わりきり

テレフォンセックス

 もう、随分前の話になるのですが、テレフォンセックス友達がいた時期があります。
チャットルームで知り合った、同い年の人妻。
彼女とは、随分と話の合う関係を作れていたのですが、まさかテレフォンセックスになるなんて思ってもいませんでした。

 チャットがブームだった頃の話ですから、かなり昔の話になってしまいますね。
僕自身も、ご多分に漏れず、いろいろな人たちとお喋りを楽しむため、チャットを楽しんでいた時期があります。
自分の周囲にいない人たちって、本当に新鮮。
違う地域の人たちと、気軽に交流出来る大きなメリットもあったりして。
だから、のめり込むように毎日のようにチャットにいそしんでいた時期でした。
チャットルームの中で、仲良くなった人たちとは、今で言う無料通話アプリのようなものを交換して、個人個人でやりとりを楽しむようにもなっていたのです。
オナニーアプリ

 真希ちゃんは、同い年の人妻で、随分と仲良くなった相手です。
写メを見せてもらったこともあるのですが、結構な美人でした。
通常の会話しかしていなかったのですが、話の流れからエッチな通話楽しんでみる?なんて、冗談交じりに話したことがあったんです。
そしたら「いいよ」って、気軽な返事がやってきちゃって驚きました。
この展開は予想していなかったため、大きなサプライズでした。
相手が美人なのも知っていましたから、心ときめかせながらテレフォンセックスに突入。
「はぁ・・ああっ、あん、いやぁっ、いいいいっ、いいのっあっああん」
美人人妻のエッチな喘ぎ声を耳にしながら、猛烈な興奮を覚えつつ、シコシコやりまくったのでした。

 爾後、定期でテレフォンセックスを楽しむようにもなり、エロ写メ交換なんか、もやり合いました。
かなりの期間、真希ちゃんと、大人の通話で快楽を味あわせてもらえました。
今でも、とてつもなく味わい深い思い出になっています。
デート援交
愛人募集掲示板