オナ指示

合コンである女の子と仲良くなりまして、連絡先交換を果たしました。もっとも、本命の女の子は僕の友達が持っていっちゃって、何と言うかおこぼれみたいなものですけど、僕自身が友達のおこぼれみたいな存在ですから、適材適所的な感じなのかな、と思っていました。
お互いの仕事の関係もあるし休みも異なるのでなかなか会えませんが、その分、よく電話はしていました。別に僕が一方的にかけていたわけではないですよ。LINEで彼女の方から「今から電話していい?」と聞いてくることもありましたしね。
彼女とは、なかなか予定が合わず、セックスはおろかキスやハグ、それどころかデートしたこともありませんでした。その分、電話だけは毎晩のようにしていました。もちろん、僕はセックス目当てです。女の子と付き合っているかor付き合っていないかの差は、セックスをしたorしないだと思っています。お互いが隠している部分を全裸になって見せ合ったことがあるかどうかですね。相手の秘めた部分を目に焼き付けて、初めてその相手とは付き合っていると言えるものだと思っています。
電話エッチ
だから、彼女とは付き合っている、とは言えません。僕はやっぱりカノジョが欲しいので、予定を合わせてデートしようよ(そしてセックス)と口説いていたのですが、彼女の方から「予定が合わない」と断られることはしばしばでした。
単なるテレ友なのかなーと思っていたのですけど、電話ではセックスしているんですよ。夜更けの電話で僕もムラムラと来ている時間でエロ方向に話が行ったのです。彼女も案外と乗ってきまして「何だか濡れてきちゃった」と言い出しまして、彼女を濡れさせた責任を取るような形で、僕がオナ指示をしまして、電話口の向こうの彼女をイカせたんです。「○○さんのオナ指示、最高だった」とお褒めの言葉を貰って、それ以来、テレフォンセックスをするようになりました。
で、未だにあの合コンの日以来、会えていません。僕が電話の向こうで喘ぐ彼女にオナ指示しながら「今度は本当にやろうよ」と誘ってみたのですが、興奮で息も絶え絶えな彼女から「でも、会えばたぶんガッカリしちゃうから」と、つい本音が聞けてしまいました。チクショー!
オナ電が無料で出来る
オナ電