月別アーカイブ: 2020年4月

ブスのパパ活

パパ活をしていた彼女は40代の大学生だった。
話を聞くと、高校を卒業した後はずっと仕事一筋の人生を送ってきて、40を迎えた時に「このまま人生終わるのかな」と虚無感に襲われたらしい。
職場内結婚をして10年くらい夫婦を続けたが、すれ違いも多くて、お互いに子供を作る気もなく、だらだらと共同生活を続けた末に円満離婚となったそうだ。
「旦那さんが女子大生とパパ活していたこともあるんだけどね」
と、彼女は言っていた。ある時に何気に旦那のスマホを見ると、すごいブスが映っていた。
「私から見ても、すごくブサイクな女の子でね。これはさすがに浮気ではないなと思ったのだけど・・・」
そして、問い詰めると旦那さんはパパ活を認めた上に隠し資産まで発覚した。旦那はその隠し資産を使って、ブス大生とパパ活をしていたそうだ。
喪女から脱却する為にデートするだけのパパを探して婚活がしたい
こうして、離婚の末に、旦那さんから財産分与で隠し資産も分捕り、いざ独身に戻るとずっと仕事しかしてきていない人生に気づいたと言うことだった。とりあえず、しばらくは貯蓄もあるし、仕事も辞めてやりたいことをやろうと考えた結果、当時は実家の都合で行けなかった大学へ進学することに決めたそうだ。
だが、大学進学を決めた理由は他にもある。それは旦那さんがやっていたブスのパパ活だ。
「旦那さんがあんなブスとパパ活していた理由に興味があってね」
貯蓄に余裕があると言っても収入はない。ならば、実利も兼ねて、大学生活の傍らにパパ活をしようと彼女は思い立ったのだ。
「ブスのパパ活が成立するとは思えないから、やっぱり女子大生と言うブランドだと思うんだよね。私の場合は年齢が行き過ぎているけど」
そう言って彼女は僕にブッとい唇で濃厚なキスをしてくれた。
僕は、たぶん彼女の分析は誤っていると思う。旦那さんがそのブス大生とパパ活をしていたのは、きっと僕みたいにブス専だったからだ。僕に跨って腰を振り始めた妖怪砂かけババアのような彼女を見ながら、そう思った。
パパ活してセックス
デート縁

セフレ探し

 タカノリ、28歳。
どこにでもいる、ありきたりな会社員をやっている男です。
男としてちょっと恥ずかしいけど、女の子とエッチができなくて不満を溜めまくってしまってて。
知人にセフレ探しに詳しい男がいて、手取り足取り教えてもらいました。
その結果、見事にセフレ探しに成功しました。
初体験となるセフレ募集ですが、師匠ともいえる知人に教えてもらったおかげで、苦労することなく順調に大人の挿入ができました。

 その知人は同い年。
できが良いため、友人と言うよりは先輩という雰囲気。
ただし、顔はそんなに良くありません。
モテ具合といえば、実は自分と同程度。
そんな彼、自分より進んでいる部分は、セフレ探しに長けていることでした。
「セフレは顔なんか関係ない。だから俺たちでもいっぱいエッチ出来る」
知人に言われ、すっかりその気に。
「とりあえず、俺が利用している出会い系に登録しろ」
これ、ファミレスでの話です。
セフレ探しの鉄則を知らずにJCの裏垢女子に2万円先渡ししてしまいました
その場で、出会い系に登録して、女の子たちを2人して見ていく。
数人の女の子たちをチョイスしては、メールを出す。
この作業を、知人とやりまくって行きました。

 翌日の朝、出会い系の中を見てみると、メールが届いていました。
一通のメールに、本気の狂喜乱舞。
知人に伝えると「下ネタ抜きでやりとりをしろ、とにかく仲良くなること」と、指示されました。

 セフレ探しは、知人のおかげでとても順調に進んでいきました。
メール交換を何回も往復出来るようにもなり、最終的にLINE交換にまでも。
「あと一歩だ、多少エッチ話に付き合ってくれるようになったら、押してみる」
知事の言葉に背中を押され、最後の攻略に向けての行動に出て行くことになりました。
その結果、メールを頻繁に出してくれたOLとの待ち合わせが決まったのです。

 アポを決めた3日後に、仕事の帰りラブホテルに入れました。
はっきりしたこといえば、感激しました。
涙腺が緩むぐらいの、感激でした。
股間の方は、滅茶苦茶スッキリさせられました。
タダマン
セフレ募集