カテゴリー別アーカイブ: 恋愛

支援してくれる人

 私は京都市内の専門学校に通っている、20歳の女の子です。
とっても、お気楽なお小遣い稼ぎが出来るという、パパという存在を知りました。
支援してくれる人は、援助交際とは違ってエッチしなくて良いらしいのです。
何をするのかって言えば、食事デート。
これ夢のようですよね。
美味しい料理が食べられるし、それでお手当が発生しちゃうんです。
興味を持たないわけがありません。
富裕層の人だから、高いレストランに連れて行って貰えるみたいで、そういうのにも憧れていたんです。
だから、支援してくれる人を探したいなって、真剣に考えてしまいました。

 援助交際から比べたら、凄い特別な関係ですから、出会いって難しいんだろうなって思っていたんです。
でも、タイミングが良かったのか、凄く早めにパパとなってくれる人と知り合ってしまったんです。
最初のメールのやりとりで、高額なお手当を出しても良いという人と知り合いました。
50代後半の人。
さすがに恋愛の対象には無理だけど、食事パパの対象としてはバッチリ。
最初は面接で、お茶だけする約束で待ち合わせになりました。
支援

 支援してくれる人との待ち合わせだから、魅力的なメイクをしました。
服装も、それなりに考えました。
良い印象を与えるように心がけたのです。
ちょっと太り気味のおじさんでした。
不潔感がなかったのは一安心です。
とりあえず一度食事してから、継続するかどうか決めるなんて言われちゃって、数日後にご飯を一緒にすることになりました。
ちなみに面接の時に支払ってくれたのは1万5000円。
これは交通費込みの金額でした。
こんなに貰って気分もルンルンでした。

 支援してくれる人とお食事だったのですが、回らないお寿司屋さん。
私初めて入店しました。
メチャクチャ美味しい!
食事に集中してばかりでは、相手の機嫌を損ねてしまうかもしれませんから、お喋りにも頑張ってお付き合い。
結果、都度払い2万円で、契約してもらえました。
すぐにお金が欲しい
パトロンとは

ちんこ画像

うちの親は写真好きが高じて結婚したカメラマニアで、父親の書斎には骨とう品物から最新鋭のデジカメまでずらりとカメラが揃っているし、アルバムだけで本棚一つを占拠するくらい写真の数も膨大だ。
結婚する前から写真ばかり撮ってきて、普通の被写体には飽きていたのか、親は俺のちんこを撮影することに歓びを感じていたらしい。そのため、アルバムには俺の0歳から20歳までのちんこ画像がずらりと揃っている。20歳にもなって親にちんこを撮影されるのもどうかと思うが、俺もその辺はマヒしていて、普通に親に従ってちんこを撮らせていた。もっとも成人を迎えると、子供のちんこを撮る親に疑問を感じるようになって断るようにはなったけど。
ただ、自分のちんこ画像なんか見ても面白いわけじゃないが、いろいろとちんこは歴史を物語ってくれる事に気づく。
ゲイにフェラされたいノンケをデパートのトイレで口内射精
まだ皮をかぶっていてかわいいちんこから、夢精を経験してチン毛伸びだした頃の変化なんて顕著である。わずか1年の内にちんこが変貌を遂げているのだから、学術的資料としても十分だ。
丁度、高校の同級生と初体験をした年のちんこなんて、皮も剥けてカリが大きくなって、まるで別ちんこだ。子供ちんこから大人ちんこへの変貌を写真は教えてくれる。もし、俺が不慮の事故で亡くなって葬式に遺影が必要だったとしたら、この一番充実していた18歳の頃のちんこ画像を使ってほしいと思うくらいだ。
だが、親のちんこ撮影を断ってからの俺は、めっきりと女運が落ちた。ちんこ撮影を止めたから、と言うのは飛躍しすぎかもしれないが、親の前でパンツを脱いでいきり立ったチンコを撮ってもらうという大胆さが無くなったことにより、俺の人間的スケールも落ちたのかも知れないとは思う。
だからと言ってちんこ撮影を再開してもらおうなどとは思っていないが、ここ5年くらい童貞なのは寂しい現状である。とりあえず、アルバムをめくって14歳の頃の姉の処女マンコ画像で今日はヌクとしよう。
フェラ友
ノンケのちんこ